ポンスキーとは?(2024年最新情報)

ポンスキーとは? (2024年最新情報)

ポンスキーってどんな犬?

「ポンスキー」は、シベリアンハスキーとポメラニアンを掛け合わせたミックス犬で、双方を融合させたような容姿を持っています。
成犬のサイズは小型犬と中型犬の中間ほど(5~10kg)であり、立派な尾と豊かな被毛が印象的です。
毛色や顔立ちはシベリアンハスキーに近いものからポメラニアンに近いものまで幅広く、そのユニーク性からも人目を惹く犬種です。

出身地 :米国(2012)
サイズ :小~中
品 種 : ハイブリッド (デザイナードッグ)
寿 命 : 12~15年

日本で出会えるポンスキーの多くは、両親がポンスキーの韓国出身犬です。体重は4~9kg、大きさは小型犬から中型犬程度。
比較的小さいため、室内でも飼育することが可能です。

アテ画像
アテ画像
アテ画像
アテ画像
アテ画像

ポンスキーの起源

2011年、SNS上で「ポメラニアンとシベリアンハスキーのミックスが誕生!」として子犬の写真が投稿され、「カワイイ!!」」と大きく反響があり、拡散されたことで話題になりました。
その子犬は、実際にはラップフンドだったそうです。しかしその後、実在しないポンスキーの人気を知ったブリーダー達が人気のあるデザイナードッグを作ろうと考え、2012年頃にポメラニアンのオスとシベリアンハスキーのメスを人工授精させたことで誕生したのがポンスキーの起源です。

ポンスキーの海外事情

アテ画像

2012年頃、米国で初めてのポンスキーが人工授精で誕生しました。2014年頃から欧米で人気となり、ブリーダーが増えました。
欧米のポンスキーは日本のポンスキーより少し大きい個体(6~12kg)が多く、柄のパターンや種類も豊富です。
その後、韓国で小さい個体のブリーディングが始まり、ミニハスキーとしてさらに人気が出ました。
ハスキー犬は20~30kgの大型犬なので、まさにミニハスキーですね!

日本のポンスキー

アテ画像

数年前までポンスキーを飼うには輸入するしかありませんでした。
2020年頃から、韓国のポンスキーを輸入して数世代のブリーディングが始まり、ブリーダーモカ(MoCha)が安定した個体の繁殖に成功しポンスキーブリーダーとして知られるようになりました。 専門のブリーダーによる供給はあるものの、頭数は全国でも100頭ほどと言われており(2023年12月現在)、かなりレアな犬種であることは間違いありません。
ハスキーとポメラニアンをミックスすることによって、ポンスキーとして販売しているブリーダーもあるようです。しかし、大きさが安定しないほか、不良形態の遺伝子を取り除けているかはわかっていません。

ランちゃん

ちなみにランちゃんは

小さい頃から運動量も多く、飼い主とランニングしたり、食いしん坊のため10ヶ月目(大きさはほぼ確定しています)で8.3kgとなりました。ブリーダーさんからも骨格がしっかりとしていて健康的でパワフル(笑)と言われてます。

ポンスキーの性格・鳴き声 〜Character・Bark〜

性格

シベリアンハスキー

陽気、遊ぶことが大好き、頑固、独立心がある、忠誠心がある、警戒心が強い

ポメラニアン

陽気、遊ぶことが大好き、活発

アテ画像

ポンスキー

両方の性質を持ち合わせているため、しつけやトレーニングは生後6ヶ月までにしっかり行うことをおすすめします!

鳴き声

シベリアンハスキー

群れで暮らしていた犬種のため、おしゃべりするように鳴いたり、警戒して鳴いたりします。ときには仲間を呼ぶように遠吠えすることもあります。

ポメラニアン

甲高い良く響く声です。警戒したり興奮したりすると比較的よく鳴きます。

アテ画像

ポンスキー

ポンスキーはその両方をうけついでいるのでよく鳴く犬種といえます。遠吠えや要求鳴きを少なくするしつけが必要です。

ランちゃん

ちなみにランちゃんは

陽気で活発、遊ぶのが大好きです。家や会社にいるときには、人とは少し距離をおいて休んだり人の様子をよく見ていて、まるで猫のような性格です。
女の子の特徴かもしれませんが、あまりベタベタしてきません。
警戒心はかなり強く、初めて見る物を手にとって近づくと逃げていきます。
外で会うワンちゃんや人には吠えませんが、家や会社のTVやパソコン画面に映った犬や動物にはすぐに反応して吠えます。もしかすると、縄張り意識が強いかもしれません。
生後6ヶ月以内に数十日のしつけトレーニングをしたので、いろいろな指示や言葉も理解でき、穏やかでとても飼いやすい子です。

ポンスキーの被毛・柄 〜Fur・Pattern〜

被毛の色

アテ画像

ポンスキーの毛色は、白と黒のツートーン・白・茶系など様々で、パターンも多彩です。

アテ画像
アテ画像
アテ画像
アテ画像
アテ画像

被毛の特徴

アテ画像

ポンスキーの被毛は寒さに強いダブルコートで、春と秋に下毛が生え替わります。なお、主に室内で飼育する場合には、換毛期(生え替わり)があまり無い場合も多いそうです。

ランちゃん

ちなみにランちゃんは

全体的に中毛で白黒のツートーン。顔や首まわり、尻尾などはポメラニアンのように長毛です。
柄は、一般的なハスキーに似ています。 8ヶ月を過ぎたあたりから被毛が長くなり、少し茶色が混ざった首まわりはきれいなグラデーションになっています。
特に尻尾の毛は9ヶ月頃から伸び、現在はフサフサした「はたき」のようです。
アンダーコートの白い毛が抜けるので、毎朝のブラッシングが日課です。
「毛はどれぐらい抜けますか?」とよく質問されますが、ブラッシングでごっそり抜けるようなことはありません。ブラッシングで抜けた毛はすべて保管しているので、1年経ったらどれぐらいになるか皆さんにお見せできると思います(笑)!

ポンスキーの目の色 〜Eye color〜

ポンスキーの目の色


目の色とパターンは大きく分けて3つあります。
①ナチュラルアイ(ブラック) ②ブルーアイ  ③バイアイ(オッドアイ:左右の目の色が違う)
ナチュラルアイは真っ黒ではなく、成犬になると濃い茶色になります。
ブルーアイは、他の犬種の場合は病気など良くないイメージがあります。しかし、シベリアンハスキーは元々ブルーアイです。ポンスキーはその遺伝子を受け継いでいるため、ブルーアイでも「病気」や「視力」などを気にする必要はありません。
ただのミックス犬ではなく「ポンスキー」という犬種として数世代ブリーディングしていれば、バイアイを含め素敵な目の色の個体と出会えるのも魅力の一つでしょう。

アテ画像
アテ画像
ランちゃん

ちなみにランちゃんは

ランちゃんの目はナチュラルアイ(ブラック)。よく見ればふちが黒で、中が茶、真ん中は黒です。

ポンスキーの鼻の色 〜Nose color〜

鼻の色

ポンスキーの鼻の色は、真っ黒やピンクのほか、黒とピンクのツートーンなどがあり、柄も様々です。毛色と同じように、パピーのときや季節によって多少変化する可能性があります。

アテ画像
アテ画像
アテ画像
アテ画像
ランちゃん

ちなみにランちゃんは

ランちゃんの鼻は、横が黒、上と正面の真ん中がピンクです。出会う人たちからは「ピンクの鼻がかわいい!」とよく言われます。

ポンスキーの食事 〜Food〜

食事

アテ画像

適切な食事の量は、個体によって異なります。ドッグフードの表示だけでなく、ブリーダーさんや獣医さんに相談することをおすすめします。
ワンちゃんは自分で食事の量を上手にコントロールできません。肋骨を触ってみて「肋骨のうえに焼肉のカルビが1~2枚乗っている感じ」「ウエストが上から見たときにくびれている」など、都度自己診断を行うといいでしょう。
量が多いと下痢をしたり、あまり消化できずに出てくるので食糞の原因にもなります。

食事の種類やおやつ

9~12ヶ月目までは、パピー用のドッグフードがいいとされています。

種類に関しては、ブリーダーさんが与えていたフードをそのまま利用するのもいいでしょう。成長により食べなくなったときや、色々なフードをあげてみたい場合は、いきなり変えないようにしてください。1週間くらいかけて、1 : 9、2 : 8、3 : 7、4 : 6のように比率を変えて混ぜながら与えるのが基本です。量をいきなり変えたり、合わないフードを与えたりすると、下痢になってしまうことがあります(ワンちゃんはストレスやフードの影響で、すぐに下痢をします)。フードを変える場合に限らず、日常的に便(うんち)を必ず見るようにしてください。
ちなみに便の匂いはフードで変わることがあります。ドッグフードに関しては、外国製、日本製、人間も食べられるもの(ヒューマングレード)などがあり、素材も様々です。ワンちゃんの好みもありますので、ネットを始めとした情報を参考にして、色々なドッグフードや食べ物にチャレンジするといいでしょう。

ランちゃん

ちなみにランちゃんは

現在は、食事を1日3回に分けています。成犬になったら1日2回に変更する予定です。

体重が3kg→100g 体重が5kg→150g 体重が8.5kg→180g のように体型・便・食いつきを見ながら量を変えてきました。
生後2~5ヶ月はドッグフードを60度くらいのお湯でふやかして食べさせていましたが、現在でも食いつきが悪いときにはふやかすと食べてくれます。
フードのメーカーは、3~4ヶ月までブリーダーさんと同じフード「ロイヤルカナン パピー用」、5ヶ月目からは「ロイヤルカナン」+「このこのご飯」にしました。しかし「このこのご飯」で下痢になったため、「ロイヤルカナン」+「ワイルドレシピ」に変更しました(どちらも同じメーカーです)。
ただ、便は安定したのですが便の匂いがキツイので、生後6ヶ月~12ヶ月は、「ワイルドレシピ」20%+「ブルーベリーキング」80%で、12ヶ月~現在はニュージーランド産 Kia Ora(キア オラ)の数種類を 朝 90g、夜 90 gあげています。
その他にブロッコリー、鳥のササミをご飯に少し混ぜて与えています。おやつはあまりあげていません。

ポンスキーの運動・散歩 〜Exercise・Walking 〜

運動や散歩

アテ画像

シベリアンハスキー、ポメラニアンともに活発な犬種であるため、適度な運動が必要です。しかし、底無しといえるほどの体力を持つシベリアンハスキーのように、毎日5km以上も散歩させる必要はありません。ポンスキーの骨格や筋力はポメラニアンに近いので、遊びすぎると筋肉痛で足を引きずることもあります。激しい運動などでの骨折には注意してください。

ライフスタイルにあわせて遊ばせてあげましょう。運動量が少ない場合は定期的にドッグランに行くなど、ストレスが溜まらないようにしてあげてください。 毎日同じ時間に散歩すると、雨や用事などで散歩できないときに要求吠えをすることがあります。飼い主もワンちゃんもストレスになってしまうので、時間やコースを変えて不定期にするほうが良いかもしれません。

ランちゃん

ちなみにランちゃんは

週3~4回はオフィスに連れて行くため、散歩の要求吠えをしたり、リードを見てはしゃいだりしません。「はいはい、また外出ね…」という感じでお座りしてリードを付けさせてくれます。
運動に関しては、週3~4回、飼い主と一緒に5kmほどのランニング散歩をしているほか、月に数回ドッグランにも行きます。
スタミナはかなりあるので、暑い時期(6~9月)を避ければかなり走ることが可能です。
暑さには弱いので、夏場は早朝か夜に散歩のみさせています。
春には帯同してマラソン大会に出場する予定なので練習中です!!